« 関西本線へ! | トップページ | 近江鉄道~廃車陸送~ »

2019年2月18日 (月)

近江鉄道ED144号機廃車陸送

遅くなりましたが、1月29日の夜、近江鉄道の自社工場横からED144号機が解体の為に陸送されました。
ED144号機は大正15年にアメリカから輸入された機関車で、東海道本線・中央線などで貨物列車の牽引していました。国鉄では昭和36年~40年に全機廃車されました。
近江鉄道では,セメント原石輸送が昭和35年に開始されたために、 昭和37年4月25日認可により、まずED142・143の2両を譲り受け、昭和40年(1965)12月23日届けでED141、昭和41年10月31日届けでED144の払い下げを受けて近江鉄道の貨物列車牽引に活躍しました。
今回、廃車陸送された4号機は、国鉄時代の茶色に戻されてましたが、保存先が決まらずに解体されることになりました

_v5a2740_1280x853_2 行き交う車を横目に何を思っているのか。 _v5a2675_1280x841 トレーラに佇む古豪。 _v5a2626_1280x848 最期の旅路。 _v5a2727_853x1280 車体からは錆が浮かび上がる。

|

« 関西本線へ! | トップページ | 近江鉄道~廃車陸送~ »

鉄道」カテゴリの記事

機関車」カテゴリの記事

私鉄・路面電車・第三セクター」カテゴリの記事

近江鉄道」カテゴリの記事

陸送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江鉄道ED144号機廃車陸送:

« 関西本線へ! | トップページ | 近江鉄道~廃車陸送~ »